JAけねべつブログへようこそ!
<< 新規就農の記事 >>

中標津の新名所です。

by 新規就農者

image1.JPG
農協の来年のカレンダーをもらったので、何気なくペラペラめくって写真を眺めていたら、何やら見たことのある風景が・・・。

こ、これはうちの目の前の道じゃありませんか!?
忘れもしない、中標津町の観測史上最大の積雪量と言われた、前々回の冬の光景です。

元々、計根別農協内でも最も雪の多い地区の一つと言われている我が家ですが、動きの遅い低気圧のせいで3日間猛吹雪が続いたため、目の前の道が数百メートルに渡って電線の高さまで雪が積もってしまったのでした。

吹雪が収まった後、普通の除雪車やロータリー式の除雪車等が次々にやって来ましたが、あまりの雪の量に全く歯が立たず、とうとうユンボとダンプが登場しました。
近くの小学校の校庭に雪を捨てに朝から晩まで何度も何度もダンプが往復してましたが、結局完全に道が開通するまでに、なんと4日もかかってしまったのでした。
この写真が、ちょうど開通直後の写真です。

うちに来る業者さんや獣医さん、ローリーの運転手さん等も、みんな面白がって写真を撮っていたのを覚えています。
そして皆さん決まって同じことをおっしゃいます。
「いや〜凄いね〜、知床横断道路状態だね〜!」

また今後こんな状態になったときには、中標津の新たな観光名所になりますかね?

★JAけねべつホームページ

しっぽ吊り

by 新規就農者

DSC_0674.JPG
冬の舎飼い期間、

牛がしっぽをフリフリして身体を汚したり

搾乳する時にバシッとしばかれて、痛い思いをして悩んでいたのですが…

遂にしっぽ吊りつけました!

これで人も牛も少し快適になれたらと思います!

★JAけねべつホームページ

お父さん全然乗れません…。

by 新規就農者

image1.JPG
image2.JPG
すこし前の話ですが、次男坊の誕生日プレゼントで最近人気の「電動立ち乗り二輪車」なるものを購入しました。
電動立ち乗り二輪車といえば米国「セグウェイ社」のものが有名ですが、一番安価なモデルでも数十万円と非常に高価で、とても子供のプレゼントで買えるようなものではなかったため、他のメーカーから販売されている、お手頃価格の「セグウェイ風類似品」を購入することにしました。

商品が届いたので、さっそく子供たちに乗せてみたところ、難しくて乗れないかな?という予想とは裏腹に、ものの数分で2人共あっさりと乗りこなしてしまいました。

「なんだ、簡単そうじゃん!」と父親もチャレンジ!!

・・・一瞬で転びました。

その後、何度もチャレンジしましたが、全然乗れません・・。

改めて子供の適応力の高さに驚きました。やはり子供は遊びの天才です。

聞くところによると、都会では街中は当然のこと、公園内等でも電動立ち乗り二輪車の使用は禁止されている場所が多いそうですね。
何しろ人が多いので、接触事故が後を絶たないのだとか。

自分の家の敷地内で自由に走り回れるなんていうのも、広大な敷地を持つことのできるこの仕事ならではの特権ではないでしょうか。

残念ながら、この写真を撮ったすぐ後に雪が積もってしまったため、また来年の春まで出来なくなってしまいましたが、雪が解けたら子供達が学校に行ってる間に、こっそり練習しようかなと企んでいる父親でした。

★JAけねべつホームページ

今年も始まりました

by 新規就農者

DSC_0660.JPG
今年も始まりました

新規就農者の試練、冬の分娩ラッシュ

何でこんな寒い時期に?と思いながら3年目を迎えます

今はすごくいい値段で牛が売れるので頑張ります。順調にいきますように!

★JAけねべつホームページ

牛床マット交換

by 新規就農者

image1.JPG
image2.JPG
image3.JPG
最近、牛床マットの損傷がかなり目立ってきました。
以前からマットの交換をしたいなと思ってはいたのですが、通年舎飼いの我が家では常にベッドに牛がいるので、したくても出来ずにおりました。

でも今ならちょうど乾乳舎に牛がいっぱい移動してせっかく空きベッドもたくさんあることだし・・。

「やるなら今しかない!」
と、いうことで牛床マットの交換をすることにしました。

とはいえ、全てのマットを交換となると、費用も高額になるし、大がかりな工事になってしまうので、今回は損傷の激しい19床だけをやることにしました。

今まではパスチャーマットを使っていましたが、今後また交換が必要になった場合に簡単に交換ができるよう、知り合いの農家さんのアドバイスもあり、1床ごと個別のゴムマットにしました。
黒光りする新品のゴムマットは、非常に鮮烈なゴムの匂いを放っています。
牛達はこの匂いに戸惑うことなく、すんなりとベッドに入ってくれるかな?

それにしても最近は牛舎内の施設関係もあちこち壊れ始め、機械類も不具合や故障がやたらと増えてきました。
さすがに5年も使っていると色々なところにガタが来るみたいです。
そして何よりも一番ガタが来ているのは畜主自身だったりします・・。

★JAけねべつホームページ

これは良いですね

by 新規就農者

image1.JPG
image2.JPG
image3.JPG
最近牛舎内でネズミの姿をよく見かけます。
普及センターの方にも、「ネズミは色々な病気を媒介するので徹底的に駆除しないとダメですよ!」と言われ、勧められたのがこちら「ラチケーターMAX」!
電撃式ネズミ獲りです。

中にネズミが寄ってきそうなものを仕掛けてネズミが通りそうな場所に置いておきます。
ネズミが入って底面の金属プレートに触れると感電させて駆除するという商品です。

値段は12000円程と少々お高めですし、単1のアルカリ乾電池4本も別途購入が必要になりますが、電池交換で繰り返し使えるので、粘着式の物に比べてコストパフォーマンスは良いのではないでしょうか?(新品の乾電池で40〜50匹駆除可能だそうです)

入った瞬間に絶命させるので糞尿を撒き散らすこともなく衛生的なのも良いですね!

さてさて、さっそく我が家の牛舎にも仕掛けてみることにしました。
誘き寄せるエサは、犬のおやつとして買ってあったペットフードの「乾燥牛スネ肉」をセット!
ツ〜ンとほのかな異臭を放っていて、ネズミ君達が喜んで集まってきそうです。

セットして約2時間後。
駆除したことを知らせる赤ランプが点滅しています。
「おっ!獲れた!どれどれ?」
中を覗くと小さめのネズミが獲れていました。
再びセット!
しばらくして見ると、また赤ランプが点滅。
今度は頭から尻尾の先まで30センチ程もある大物でした。

そんな感じで次から次へと罠にかかり、セットした日と次の日で合計7匹のネズミを駆除!なかなかの成果です!
と言うか、こんなにたくさんネズミがいたんですね・・。
たぶん牛舎内のどこかに巣があったのでしょう。

その後、牛舎内でネズミを見かけることは無くなりました。元々住み着いていたネズミ達は全て駆除できたと思います。
今でもたまに獲れていることがありますが、たまたま外から紛れ込んだだけのようです。

ラチケーターは「ふぁーまっく」で購入できますので、ネズミでお困りの方は試されてみてはいかがでしょうか?

★JAけねべつホームページ

乾乳さん大集合

by JAけねべつ

image1.JPG
只今、乾乳舎が大所帯になっています。
うちは成牛が50頭弱なので、平均して月に3〜4頭ぐらいは乾乳が出るのですが、現在の乾乳頭数は11頭!
昨年、ボロボロで使えない状態だった乾乳舎の改修工事をして、乾乳を外に出し始めて以来、こんなにたくさんの牛が乾乳舎にいるのは初めてです。

そして!この時期に乾乳が大量にいるという事は、その先に待ち受けるものは・・・
年末年始の分娩ラッシュ!!
・・・トホホ。

そんな畜主の憂いをよそに、乾乳舎のパドックで走り回る牛達の何と楽しそうなことでしょうか。

初めてパドックに出される初産の牛達はもちろん、何産もしているベテラン母さんたちも、我を忘れてパッカパッカと縦横無尽に走り回ります。

通年舎飼いの我が家の牛達にとって、乾乳前期の僅かな期間とはいえ、これほど楽しいことはないのでしょう。

そんな様子を見るたびにいつも妻と、「ちょっとお金はかかってしまったけど、牛達も楽しそうだし、足腰も鍛えられるし、やっぱり乾乳舎改修して良かったね」などという会話をしております。

そして、そんな楽しげなパドックの光景を見た妻が一言。
「こんなに牛がいっぱいいると、なんだか牧場みたいだね〜!」

・・・いやいや、うち牧場ですから・・・一応。

★JAけねべつホームページ

畑切り

by JAけねべつ

!cid_D1C8F151-812C-439C-B35F-DB775E49C5AE.jpg
!cid_E5407F72-4044-4236-8158-FB070B403345.jpg
二番草収穫、続けてデントコーン収穫までの長い農繁期も無事に終わり、ようやく一息つけるのかなという感じになりました。
最近になって急に気温も下がり、秋を通り越して一気に冬になってしまいそうな気候です。

雪が降る前にもう一仕事、畑切りと糞尿散布があります。
糞尿散布はコントラさんがやってくれますが、畑切りは自分でやらなくてはいけません。

さっそく今回も息子たちが畑切りの手伝いをすると言って張り切ってトラクターに乗り込んできました。

相変わらず、作業中ずっと話しかけてくるので、手伝っているのか邪魔をしているのか分かりませんが・・・。

★JAけねべつホームページ

ハロウィン

by JAけねべつ

image1.JPG
image2.JPG
image3.JPG
ここ近年、日本でもハロウィンが徐々に定着しつつあるようですね。
海外では国や宗教等でハロウィンの意味合いも様々で、収穫を祝う祭りだったり、悪霊除けだったりと色々なようですが、日本では仮装パーティーやコスプレのイベント等がメインなようです。

我が家も農家ということで、牧草の収穫が無事に終わったことを祝う意味で、初めてハロウィンパーティーというものをやってみました。

本当なら自分たちで収穫したものを食べられればベストなのですが、さすがに牧草を食べる訳にもいかないので、酪農に携わる者としては、やはり「乳製品にちなんだメニューを!」ということで、これまた我が家では初のチーズフォンデュをやってみることにしました。

不思議なもので、普段野菜嫌いな子供でも、こういうちょっと違った食べ方にすると、どんどん野菜を食べてくれるんですね。

聞くところによると、近年ハロウィン関係のイベント事は、バレンタインデーに匹敵するほどの経済効果があるとのことで・・。

「ハロウィンのときはチーズフォンデュ!」なんてのが流行ったら、乳製品の消費拡大にも繋がっていいですね!

★JAけねべつホームページ

肥料撒き

by 新規就農者

image1.JPG
image2.JPG
一番草の収穫も終わり、二番草へ向けての肥料撒きが始まりました。
うちの息子たちも肥料撒きの手伝いをしようと、トラクターに乗り込んで意気揚々です。
本人たち的には、トラクターに同乗することで手伝っているつもりらしいですが、作業中ずっと話しかけてくるので、親からすると手伝っているというよりは邪魔をしているだけという気が・・・。

★JAけねべつホームページ

<< >>







RSS

Ringworld
RingBlog v3.21a